ニキビ肌のときの洗顔料と下洗いの使い分け

ニキビ肌ができてしまったら、少しの刺激でも悪化してしまう可能性があります。
いつも使っている化粧品やスキンケアの方法が逆効果になるこもあるのです。

 

ニキビ肌の治療法には専用の塗り薬によって治していくのが一般的ですが、それと同時に大切になってくるケアが、肌を清潔に保つための洗顔方法です。

 

しかし、先ほどの通り、顔を洗う際の洗顔料でさえニキビ肌にとっては刺激にもなりかねません。そこでおすすめなのが、下洗いによって清潔を保っていく方法です。

 

下洗いといっても、ぬるま湯で洗顔するだけです。
洗顔料を使用しないと顔の汚れが十分落ちないと思うかもしれませんが、実はそんなことはないんです。

 

ぬるま湯だけでも十分落ちるのです。むしろ、洗顔料を使って毎日洗顔していると、汚れを落としすぎることもあるため、よかれと思っていたことが、逆にニキビ肌の原因ともなりかねないのです。

 

そのため、ニキビで悩んでいる方は、洗い方を変えてみることもおすすめです。
下洗いにはぬるま湯でおこなうといいましたが、それではどのくらいの温度がいいのかといいますと、36度前後、目安としては人間の体温と同じ温度が理想的といえます。人肌の温度ですから、肌への刺激も少なく汚れも一番よく落ちる温度となります。

 

洗顔をお湯だけにすることで、ニキビ肌の刺激もないですし、できればニキビが改善するのが実感したのなら、このまま継続することをおすすめします。今まで使っていた洗顔料の刺激が強かった可能性があるからです。