ニキビ肌に使ってはいけない洗顔料は泡立たないもの

ニキビ肌になってしまうと少しでも早く治し、元の綺麗な肌に戻したいと思うでしょう。
そしてニキビ跡を治し今後の予防を考えた場合大切になってくるのがスキンケアです。

 

スキンケアで最も大切にしたいのが洗顔です。

 

ニキビの原因で多いのは、皮脂の過剰分泌です。
思春期ニキビは勿論、大人ニキビもストレスにより多くの男性ホルモンが分泌され、それにより皮脂が過剰分泌されてニキビに繋がっていく事が多くあります。

 

ですから、洗顔の際はなるべくしっかり皮脂を落とす事が、ニキビ改善に繋がると思う人も多いでしょう。
ですが、皮脂をしっかりと落とす為にゴシゴシと洗う洗顔はあまり肌にもニキビにも良くないものです。

 

何故なら、洗顔により必要な皮脂まで落としてしまうと、肌は皮脂が足りなくなったと思い、更に皮脂を分泌してしまうのです。
ですから、洗顔はなるべく優しく行う事が大切です。

 

そして、その際に洗顔料の選び方も大切になってきます。
ニキビを治したいと思った時に使ってはいけない洗顔料があります。それは、泡立たないものです。
泡立たない洗顔料を使うと、どうしてもゴシゴシと肌をこする事になり、それにより皮脂を必要以上に落としてしまいます。

 

ニキビ肌を改善したいのであれば、泡立ちやすい洗顔料を使う事が大切です。
しっかりと泡立てた洗顔料で、こすり過ぎず、優しく洗う、これがニキビ肌に適した正しい洗顔です。
洗顔を頑張っても改善しないと感じたら、まずはその洗顔法を見直してみましょう。

 

しかし、例外もあります。
泡立たない洗顔の中でも使ってよいものというよりは、むしろ使ったほうが良い洗顔料もあります。
その代表的なものは「クレイ洗顔料」です。
クレイ洗顔料は、使い心地をよくするために泡立ち良くしたものもありますが、あえてマッサージ効果を高めるために泡だ立たないクリーム状の洗顔料にしているものもあります。

 

クレイ洗顔がニキビに良いといわれているのは、皮脂や汚れを浮かせて落とすのではなく、自らに吸着して水と一緒に洗い流すことができるからです。毛穴の奥に詰まった落としにくい皮脂や古い角質、汚れなどもクレイ洗顔なら吸着してすっきり落とすことができるのです。

 

洗顔後や化粧水をつけ後にヒリヒリしたり赤くなったりかゆみがでたりしたことありませんか?
もしかしたらそれはバリア機能が低下してるからかもしれません。
顔がかゆい その原因とは?