ニキビ肌と洗顔料について

ニキビ肌は、脂分の分泌過剰だけではなく、使用している洗顔料によっても起こりやすくなります。
ニキビ肌と洗顔料は深い関係性がありますので、その点を理解したうえで、適切な洗顔料を選ぶようにしましょう。
ニキビは脂分が過剰に分泌されることによって起こりやすくなりますので、多くの方は洗浄力の強い洗顔料を選んでしまいがちです。
ただ、洗浄力が強すぎる洗顔料で肌を洗ってしまうと、必要な脂分まで洗い流してしまうことになります。
お肌を守るうえで脂分は必要になってきますので、足りなくなった脂分を補うためにさらに脂の分泌が進んでしまうのです。

 

ニキビを予防、改善したいときには、過剰な脂分の分泌を避けるためにも、洗浄力が適度に抑えられた洗顔料を使用するようにしましょう。さらに、洗顔料からニキビを改善したいときには、適度なピーリング効果のある洗顔料もお勧めになります。

 

ニキビは、肌の角質が溜まることにより起こりやすくなります。
角質が溜まってしまうと、毛穴に汚れが詰まるようになり炎症を起こしやすくなりますので、まずは角質を溜めないケアが必要となってくるのです。

 

ピーリング効果のある洗顔料を使用することで、肌に角質が溜まることを防止できるようになりますので、ニキビの発生も防止可能になってきます。ただ、ピーリングを高頻度におこなうことで、肌にも負担をかけるようになってきます。

 

この場合、肌に過度な刺激を与えることでニキビの炎症を呼び込んでしまいますので、毎日使用するのではなく、一度使用した場合には一定の期間を開けて使用するようにしましょう。

 

ニキビ肌を改善するためには、まず洗浄力が過度でないものやピーリング効果のある洗顔料が最適になります。
それに加え、界面活性剤などお肌のバランスを崩す成分が入っていないものを選ぶことも重要になってきます。
洗顔料からニキビの状態を改善したいときには、この点に気をつけてみるとよいでしょう。

 

ニキビ予防についてはこちらもどうぞ
ニキビ予防について|効果的なニキビ予防方法

 

ニキビ予防や肌荒れには体の中からの対策も!
ビタミンミネラルや食物繊維が豊富な青汁がおすすめです。
青汁おすすめランキング


マイルドなピーリング剤で角質ケアとニキビケア

時々あごの辺に大人ニキビがポツポツとできて、その度にニキビケア化粧水などでケアしてきました。あまりひどくなったことはなかったんですが、ある時、あごから頬の辺りまで徐々にニキビが広がったことがあるんです。その時は丁度仕事も忙しく、生活リズムが崩れていたんです。スキンケアも手を抜きがちになり、きちんとニキビケアできていなかったんだと思います。

 

その時は肌に手を触れるとごわごわやかさつきを感じて、化粧乗りも悪い状態でした。乾燥はニキビにも良くないからと保湿を頑張ってもほとんど改善されなかったんです。
そうこうしているうちに仕事も落ち着いてきて、普段の生活リズムに戻る事ができました。ニキビは相変わらずだったので、真面目にスキンケアに取り組むことにしたんです。

 

それでやってみたのが、角質ケアです。
気になっていた肌のごわつきは明らかに角質が乱れて厚くなっていたので、それを改善するためにピーリングを始めたんです。乾燥肌なのでピーリングはちょっと怖かったんですが、アビエルタのマイルドピーリングは肌でクルクルすることもなく、塗って洗い流すだけという刺激のない方法だったので、コレなら大丈夫だろうとおもったんです。

 

ピーリングは週1回に留めていましたが、やった後の肌は古い角質が取れてつるつるになってとても肌の感触が良かったです。化粧水の浸透も良くなったし、しっかりと保湿できるようになりました。肌状態が整ってくると、段々ニキビも減ってきて、今ではたまにポツポツできる程度にまで回復しています。

 

お肌をきれいにする方法

更新履歴